スポンサーリンク

富山県 雄山神社 前立社壇

スポンサーリンク
前立社殿について

 

雄山神社は 峰本社・祈願殿・前立社壇の三社あり、三社合わせて雄山神社になります。

立山の前に立つから前立社殿です。

 

 

古来富士山、白山とともに日本三霊山として全国各地から信仰されてきました。

山頂の峰本社は冬期間は雪深く登山することが至難であったのでこちらに社殿を建て一年間の諸祭礼を行いました。

また、皇室の御崇敬も篤く、天武天皇、後醍醐天皇の勅願所でありました。

越中一宮と称されたこともあり、庶民の信仰も厚かったと同時に

藩主武門武将の信仰も篤く、源頼朝が本殿を再建し、足利義稙、佐々成正が本殿を造営改修してて、その後は加賀藩前田家の手厚い保護を受け、加賀藩の祈願所になっている。

御祭神

伊邪那美神

天手力雄神   日本神話に登場する神 岩戸隠れの際は岩戸を引き開けてそれにより天界に

明るさが戻った

 

そして

岩峅寺駅からは500 M ほど西へ歩く。

参道を歩き門をくぐると境内にはいる。  大きな拝殿の後ろに重要文化財の本殿が鎮座している。

素晴らしい木々が青々しく茂っているのでよく見えない。

境内はとても広く清々しい空気に満ちている

 

三社の中心に関してこちらの前立社殿と芦峅の祈願殿の間で争いが起こり それ以降山頂にある峰本社を中心とする考えにまとまった。

おキャット様
おキャット様

上 中 下と三社でワンセット。

 

 

 

 

 

コメント